2011年02月15日

ありがとうございました!

20110201170151.jpg去る12日、SPCおもしろセミナーには、たくさんのお客様においでいただき、本当にありがとうございました!!
12日の仙台は朝からあいにくの雪にもかかわらず、予想を上回るたくさんのお客様においでいただき、主催者SPCスタッフ一同、大変感激いたしました!!


タタルさん、ネストルさんの楽しいおしゃべりに、笑い声も途切れることがないほと(^^ゞ
もちろん演奏も、とても素晴らしく、満員のお客様からはたくさんの拍手!!
良かったですね!!(^o^)

コンサートの最後は、出演者ネストルさん、タタルさん、順子さんからのバレンタインチョコのプレゼント(笑)
お客様も、出演者も、スタッフも、みんなが笑顔で終わったのが、とても印象的でした。



タタルさんやネストルさんとお話するとき、いつも感じることがあります。
育った環境、話す言葉が違っていても必ず通じるものはあるな、ということ。
それはもちろん、「音楽」ではあるんですが、
それよりもまず「気持ち」だと思うんですよね。



セミナー終了後、打ち上げも大変盛り上がりました(^o^)
なんと!タタルさんは、ご自宅のウッドデッキを作られ!さらにパソコンまで自分で作られたとのこと(@_@)
「趣味が多いんですねー」といったら、
「自分のなかにたくさん引き出しがあると、人生が豊かになりますよね」というお言葉!!
ヴァイオリンだけに集中すると煮詰まってきてしまうけど、いろいろな趣味をもって世界が広がることによって、また新しい音楽の世界も広がるんですよね、と目をキラキラさせて話すタタルさん、
ワタシも同じことをいつも考えていたので、そんなお話きけて、嬉しかったです!(^o^)
人間関係もそうなんですよね!
タタルさんのお国には「自分の周りに高い壁を建てる」ということわざ?があって、自分の中だけに閉じこもって他人を受け入れないのはダメだ、ということなのだそう。
宗教も国籍も言葉も、考え方がちがっても、たくさんの人たちとふれあってつながっていければ、
もっともっと豊かな人生になるんですよねヾ(^▽^)ノ


クラシック音楽やコンサートって敷居が高いものだと思われがちなんですが、
いろいろな人たちとの楽しい出会いの場所なんだということを、もっともっとたくさんのみなさんに知ってほしいですよね(^o^)



ワタシたちSPCも、またそんな楽しい出会いのお手伝いをしていきたい、
そう考えていますヾ(^▽^)ノ


タタルさん、ネストルさん、そして順子さん!
楽しい時間をありがとうございましたヾ(^▽^)ノ
posted by SPC at 20:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ぐらにゅー

2011年02月05日

原田さん、ブラボー!

20110204213201.jpg
昨夜2月4日は、東京オペラシティの「明日を担う音楽家たち」に行ってきました。
文化庁在外研修に派遣された皆さんの成果発表会、といった音楽会でした。
我らがチェロ首席、原田哲男さんの応援に行ったのですが、仙台国際コンクールでもおなじみの梁美沙ちゃん、白井圭くんも出演、さらに東京フィルの指揮は元常任指揮者の円光寺雅彦さん、という、仙台にはなじみのコンサートでした(笑)

原田さん、素晴らしかったですよ!!
ドイツから帰って、確実に原田さんのチェロは変わりましたね〜〜〜。
一つ一つの音がとても丁寧に、意志をもって歌われるんですね。ドヴォルザークの優しさが乗り移ったようでした。
原田さん、笑顔増えたねー!幸せなの?!(爆)と、東京在住で久しぶりの娘たちも驚いていましたよ(^^ゞ

他の出演者のかたも、大変素晴らしかった!!
特に、梁美沙ちゃんのショーソンは、天国で聴いているよう(笑)
小柄な美沙ちゃんなのに、ものすごい官能的な詩曲。クリムトの絵の中の女性のようだなあ、と同性ながらうっとりでした。


それにしても、オペラシティは大好きです!(笑)
ワタシにとってオペラシティと札幌キタラは夢のホールですねえ。
開演のお知らせは、無機質なあのブザーではなく、この写真の鐘を男性がしずしずとロビーに持ってきて鳴らしてくれるのです!


いつかこんなホールが仙台にできて、こんな素晴らしい若者たちと仙台フィルの演奏が聴ける日を夢みて……。


いい音楽会でしたヾ(^▽^)ノ
これでS席3500円はお得でした(≧∀≦)
posted by SPC at 07:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ぐらにゅー