2011年01月28日

新メニュー登場!(笑)

20110128162309.jpgみなさん、ご存知でしたか?!
青年文化センター内のレストラン「けやきの杜」に、新メニューを見つけました(^o^)


それは、なんと!「うな重セット」!!(笑)
お味噌汁にサラダ、デザートにババロアがついて、なんと950円!!


実は、ワタシぐらにゅーは、ウナギが大好物でして(笑)
考えたら暑かったアノ夏の丑の日から、ウナギとはご無沙汰してます……(笑)
うう。


メニューの写真をじーっと見ていましたら!
向かいのSPC会長までが!
「僕、実はウナギ大好物なんだけどねえ、ここで食べていいのかな…」と率直に(爆)
ということで、ワタシぐらにゅーが会長の実験台となりましたけれど(笑)
結論!
なかなかおいしかったですヾ(^▽^)ノ
これで950円は、お得かもしれませんよ(笑)
会長も、次回定期演奏会の日には、このうな重を注文するそうです(爆)
みなさんにも、オススメです!!



ただ、こんなスタミナ料理食べてからコンサート聴いたら、素晴らしい演奏で感激もしたせいか?!
途中で暑くなり汗だらだらになってしまいました(文字通り滝汗)



汗かきの会長も、コンサート直前にウナギ、は、避けたほうがいいかもしれませんね…………(≧∀≦)(笑)


ちなみにこのうな重の写真は参考写真ですので(笑)
みなさん楽しみに「けやきの杜」においでください(爆)
posted by SPC at 17:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ぐらにゅー

2011年01月23日

人生第一位のブラ1!!

20101107105824.jpg1月23日

と、前回ブログで宣言いたしましたとおり(笑)
初めて定期2日共聴いて参りました!!


もう、ひとこと。
素晴らしかったですー(T_T)


ブラームスの1番は、やはり「ベートーベンの10番」ですから、もっと重厚な荘厳な立派な曲、というイメージがありました。
大柄な指揮ドモンコシュさんは、一楽章の出だしを、ゆっくり大柄に始めたものですから、立派な竹内さんのティンパニのリズムに、え?最初から?と、正直いって心配になったのですが。
最後、4楽章のあのメロディーの、魂の浄化を表すような、あの美しさ!!
自然と涙が流れてきてしまいました。


この曲は、ブラームスが、最後まで愛を捧げた恩師夫人のクララシューマンを想ってかかれたと言われていますが、
叶わぬ想いに苦しむブラームスが、それでも最後までクララへの永遠の愛を貫いて生きたい、という未来への明るい希望が、最後の4楽章にこめられているのではないか、といつもワタシは思うのです。
とくに、昨日の4楽章にはその、顔を上げて優しい笑顔でクララに愛を注ぐブラームスが、ワタシの目には映ったような気がしました。


演奏終了後、SPC茶話会には、ヴァイオリンの小池まどかさんとヴィオラの佐々木真史さんが来ていただいたのですが、やはり「いつものブラ1とは違った、弾きながら鳥肌がたってくるのを感じた」とおっしゃってました。
「空気がうわーって流れてね、風が吹いてきたんですよね。不思議ですよね。」という、まどかさんの言葉が印象的でした。


個人的には、やはりゲストコンマス森下さんの、みんなをうわーって引っ張っていく(笑)あのソロの力に脱帽でした。
会長は、やはりトロンボーンのコラールをべた褒め(爆)
いやいやそのほかにも、フルートもオーボエも………
とにかく、ワタシぐらにゅー、長い人生最高のブラームス第一番!!でございましたヾ(^▽^)ノ


仙台フィルのみなさん、2011年最初から、こんな幸せを、ありがとうございます(^o^)
posted by SPC at 16:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | ぐらにゅー

2011年01月13日

一緒に成長する喜び

20110113183902.jpg今年も、仙台はまだ厳寒の1月、恒例の仙台フィル元コンマス森下幸路さんのリサイタルに行ってきました♪
今年は「ドイツのうた」と銘うち、シューベルト、ベートーベン、R.シュトラウス、そしてブラームスの歌曲を中心としたプログラム。
森下さん自身は「地味なプログラムで〜」とおっしゃいましたが(笑)
心をこめた美しいうた心で、本当に素晴らしい演奏でした(泣)


思えば、ワタシの仙台フィルとの出会いは、同時に森下さんのヴァイオリンとの出会いでもありました。
弦楽器の響きに生まれて初めて魅せられて……それが森下さんのヴァイオリンだったのです。
森下さんがいなければ、ワタシも仙台フィルファンにも、SPCスタッフにもなっていませんでした!!
なんという素晴らしいご縁でしょう(笑)
同世代の森下さん、奥様の陽子さんと、音楽の話や子育ての話をしたこともありましたね。


その後、森下さんは仙台フィルを卒業し、大宮に引っ越し、そして大阪交響楽団(旧大阪シンフォニカー)に移られ、とあっという間の10年がすぎました。
森下さんも、陽子さんも、そしてワタシも(笑)いろいろ、ありましたね……。


思えばその間、もう15年以上森下さんのヴァイオリンを聴いているわけですが、やはり彼の音楽も、30代とは変わってきています。
アラ50となった今の演奏は、力強くアピールするというよりも、静かに心を語りかける、内省的な微妙な美しさが際立ってきていると。
それが、同年代のワタシの心にも、ジワジワと喜びとしてしみてくるんですよね(T_T)
陽子さんのピアノも、相変わらずピュアで飾らない、優しい伴奏。
とてもステキでした(^o^)

森下さんも陽子さんも、とてもステキに年齢を重ねていらしてるのが、演奏に表れているのが、とてもステキです!(見た目はずっと変わりませんが!(笑)
ワタシも同年代として、聴き手として、一緒にステキに成長していければ、と心から思いました(*^_^*)


そして、なんと、皆さん!!
来週の仙台フィル1月定期は、森下さんがゲストコンマスだそうですヾ(^▽^)ノ
うわー、久しぶりの仙台フィル+森下さん!!



ワタシぐらにゅーは、元々土曜日の定期会員ですが、金曜日もチケット買って、2日聴くことにしました!!(*^_^*)
皆さんも、ぜひ!!
posted by SPC at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ぐらにゅー

2011年01月05日

2011年の幕開け

20110103141159.jpg
みなさま、あけましておめでとうございます!!
楽しいお正月をお過ごしになられましたか?!


年末年始、荒れ模様という天気予報だった仙台でしたが、穏やかなお天気に、初日の出も初詣もそして仙台名物の初売りも、たくさんの人出で賑やかでした!!

なにかと暗い話題ばかりの昨今でしたが、この2011年はなにか明るい一年になりそうな、そんな予感があふれる仙台のお正月でした(^o^)


われらが仙台フィルも、ニューイヤーコンサートから2011年は始動します!
元旦テレビのウィーンフィルにも負けない(笑)仙台フィルのニューイヤーコンサートにも、是非ご期待ください!!


そして、ワタシたちSPCも16年目を迎えました。
今年も、仙台フィルの魅力をみなさんに強力に(笑)お伝えしていきたいと思っております(^-^)v
まずは来月、2月12日土曜日、市民活動サポートセンターにて、タタルさんとロドリゲスさんの「おもしろセミナー」を開催します!!
どうぞお楽しみに(^o^)


みなさまにとって、2011年が素晴らしい年でありますように。


今年もSPCをよろしくお願いいたします!!
posted by SPC at 09:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | ぐらにゅー