2010年12月24日

すてきなクリスマスを!

20101223115303.jpgみなさま、2010年のクリスマス、いかがおすごしですか?
昨日の仙台フィルの第九を聴きに行かれた方々は、帰り道の、定禅寺通の光のページェントの美しさにも、感動なさったことでしょう。



2010年もあとすこし。
みなさまにとって、どんな一年だったでしょうか。



私ぐらにゅーの、今年一番心に残ったのは、なんといっても、10月の仙台フィルの250回定期演奏会の「ペリアスとメリザンド」でした!!
もともとフランス音楽好きな私でしたが、この「ペリアスとメリザンド」とは初対面。
もちろん演奏もすばらしかったのですが、佐伯一麦さんとヴェロさんの素晴らしいレクチャーを通して、楽曲のみならず、フランス象徴主義の文化と精神に触れ、とても感銘をうけました。
このドビュッシーの曲との出会いが、今年の私のニュース第一位!!ですね(笑)



また、この250回定期演奏会では、記念のシンポジウムもとてもすばらしかったですね。
仙台という街の音楽文化について、いろいろな立場の方々が真剣に意見を持ち寄って話し合う、という機会が、今まではあまりになかったような気がします。
私個人としては、とくに仙台のような地方都市では、クラシック音楽というものが限られた愛好者のものだけではなく、もっと一般的な市民レベルで楽しめるものになっていければ、と思っています。
奥山市長もおっしゃっていましたが、この国家的経済危機のなか、一部の愛好家のためだけの仙台フィル、音楽堂建設、では意味がないと思います。
少なくとも市民の半数が心から後押しできるような、そんな真の「楽都」に、早く仙台がなるように。



その、役割、お手伝いを、仙台フィルが、そして私たちSPCも、来る2011年は心新たに担っていければ、と思っております。



今年は創設15周年を迎えたSPC、今年も大変お世話になりました。
来年も、楽しく元気に仙台フィルを応援してまいりたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします!!




それでは、みなさま、楽しいクリスマスを!!
よいお年をお迎えくださいヾ(^▽^)ノ
posted by SPC at 16:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | ぐらにゅー

2010年12月14日

よき隣人

20101201104703.jpg今年も残り少なくなりました。
皆さんの2010年はいかがでしたでしょうか?
穏やかな心ですごせましたか?
いい音楽は聴けましたか?
ワタシ、ぐらにゅーは明日15日の仙台フィルのガラコンサートを聴きに行きます!
なんといっても指揮コバケンさんの、ベートーベン第7番が楽しみです!!


ワタシ、この7番を実はケータイの着メロにしてるんですが、みなさんにいつも言われるのが、
「あー、『のだめ』の曲だね!!」(笑)
実はワタシ、「のだめカンタービレ」は知らないわけじゃなかったんですが、
あの作品にベートーベン7番が使われているとは、知らなかったんですよね(滝汗)
いっちゃわるいけど(笑)『第5番運命』『第6番田園』はしってても、
第7番を知ってる人は、一般的には少なかったのではないでしょうか。
だから、いわゆるクラシックファンではない?みなさんまでが、この着メロに「おお〜」と反応してくれるって、すごい嬉しいことなんですよね(笑)
「のだめ」はすごいね!恐るべし!(爆)


どうしても、クラシックの世界って敷居がたかいものと思われがち。
でも、クラシックに限らず、音楽って、「音を楽しむ」
悲しいときやつらいときにはなぐさめてくれるし
嬉しいとき楽しいときには一緒に喜んでくれる……
単純に、そういうものであると思うんです。
そうですね、いわば「よき隣人」とでもいいますか、そういう存在が自分の隣にいつもいてくれれば、
こんなに幸せなことはないですよね。


明日のガラコンサート、
そして年末の「第九」、
さらにニューイヤーコンサートと、
仙台フィルもみなさんの「よき隣人」になれるような、
年末年始はそんなあったかいコンサートをやってます(笑)


過ぎ去る2010年、そして新しい2011年に思いを馳せながら、楽しい音楽に寄り添って。
みなさんもぜひ、お出かけください(*^_^*)
posted by SPC at 12:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | ぐらにゅー